【読書記録】『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』

読書記録 Add comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
カーマイン・ガロ
日経BP社
売り上げランキング: 19

話題の本、『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』を読みました。
以前、ジョブズ氏のプレゼン動画をインターネットで目にした際に凄く惹かれ、いつかあのようなプレゼンをしてみたいなぁと思っていましたので、
本書からは非常に多くのことを学べたと感じています。

ジョブズ氏のプレゼンについて学ぼうとした際、
書き方・訳が明瞭な本書だけでも十分かとは思いますが、YouTubeなどの動画と併用するのが最も効果的だと思います。
この方法については本書中でも冒頭で述べられていますし、私自身そうしています。
併用、というか復習・確認に動画を見るという感じでしょうか。

ちなみに、この本を読みながらスライドを作成し、本書で学んだ通りにプレゼンを行ったところ、非常に良い評価を得ることが出来ました。
問題は、それが卒業研究の中間発表だったため、教授に「君のプレゼンは研究発表というよりも新製品発表だね。」と言われたことくらいです(笑)

それでは読書記録を残しておきます。
なお、この本は読了後すぐ友人に貸してしまったため、雑句把覧な読書メモしか取っておらず、そのためページ数などの細かいデータは割愛せざるを得なくなっています。
また、文章の引用も完全ではないため、全体的に私的備忘録のようになっています。
後日補完予定です。

関係ないですが、「雑句把覧」って漢字で書くと凄くカッコいいですよね。



ストーリーの重要性

ストーリーで訴える
プレゼンテーションにおいてストーリーというものは非常に重要。
ただ淡々と事実を述べるだけではなく、観客が引き込まれるようなストーリーを用意するべき。


初めは手で考える

アナログでストーリーを練る
まずは紙と鉛筆でプレゼンの流れを考える。
パワーポイントなどで資料作成をするのは最後の段階。


3つに分けると分かりやすい

3つのキーメッセージ
キーワードを3つ考える。
三段構成になれば理解もしやすい。


例え話の重要性

例え話は非常に大事。


重要なポイントは何か

会話が終わった後も覚えておいて欲しいポイントは何か。それを明快に、少なくとも2回は伝える。
話の肝をしっかりと理解し、きちんと相手に伝えられるように考える。

選んだポイントをプレリリース、ウェブサイト、プレゼンテーションなどすべてのマーケティング資料で繰り返し同じ形で取り上げる。
何度も目にすれば皆覚える。


私、救世主。

救世主的な目的意識を持つ。
自分の発表する製品が皆の問題を解決するんだ、という意識を持って堂々と発表する。


ヘッドライン

140字以下のヘッドラインを作る(日本語だと70文字以下)
長すぎる文章はダメ。
スッと頭に入るようなインパクトのある文章を考える。
twitterみたいね(*ノ∀`)


敵を明確に

敵役を導入する。問題提起は非常に重要。
製品は問題を解決するためにあるもの。
まずは「何が問題なのか」ということを聴衆に理解させる。
敵役として登場させることはストーリーを構築する上でも重要。


そして自社製品が敵を倒す

自社の製品を正義の味方として登場させる。
先程挙げた敵役を倒す自社製品。
救世主的な目的意識を持つことと同様。


10分ルール

10分で人は話を聞かなくなる。
言いたいことは10分以内に全て伝えるべき。
10分経ったらインターバルが必要。

ちなみに、人間の集中力は最大でも20分しか持たないらしいですね。
その後5分休憩を挟めば集中力は復活するとか。
勉強する際にもこのサイクルは意識すべきだと思います。


スライドはシンプルに

全てを簡素化させ、図や画像で補完する
ジョブズのスライドは非常にシンプル
そのほうが伝わる
箇条書きは論外
説明不足かと感じるなら、図や写真で補完するか、喋りやデモで補足説明をする


数字を分かりやすく示す

数字・データは聞き手の暮らしに密着した文脈におくことが大切
ただの数字・データの羅列を示されてもピンと来ない。
より身近なものに例えて話せば皆わかってくれる。

「写真なら2万500枚、音楽なら7500曲」
「四半期で400万台売れた。これは一日に換算すると~。また他社製品◯年かけて販売した量を~」


言葉の選び方

シンプルで分かりやすい言葉を使う。
伝わらなければ意味が無い
業界用語などは以ての外


プレゼンは舞台である

舞台を共有する。顧客に試してもらい、パートナーのコメントを発表し、全員に感謝する。
プレゼンは舞台であるという意識を持つことが大事。


デモの方法

デモは短く、でも楽しく。
ダラダラとデモをやるのではなく、短時間でインパクトを与えるようなデモを行う


全てのタイプの聴衆を惹き込む

目から吸収する人、耳から吸収する人、身体から吸収する人の3タイプすべてに対応する
ビジュアルのいいスライドを用意し、
分かりやすくインパクトのある言葉で喋りかけ、
デモに参加させる


ボディーランゲージ

全身で伝える
両手をダラっと垂らすなんて論外。
全身を使って訴えかける。
視線も大事


喋り方にも工夫を

抑揚をつけるなど、喋り方にも工夫を。
声の大小や間のとり方などにも工夫を。
体の動きと合わせると効果絶大


練習の重要性

ひたすら練習する
練習することで初めて緊張感から抜け出せる


練習は動画を撮ろう

自分の喋りを録画して見直す
身体の動かし方までしっかりと確認する


質問対策は念入りに。でも効率的に。

質問を想定し、答えを用意しておく。
数パターンを考え、全ての質問をそのうちのどれかに落としこむ訓練をする。7カテゴリーで十分。


きっちり固めた台本は悪

台本は用意しない
話の流れだけ考えておく
あとは練習をこなしてプレゼンを自分のものにする


つまらないプレゼンは見たくない

聞き手は学びと娯楽の両方を求めている
つまらないとダメ。


失敗を恐れない

失敗しても謝らずに次に進む。サラッと認めて笑えば良い。全体を台無しにしない限り失敗ではない
失敗も笑いに変えてしまえば良い。

―――

本当に雑句把覧な読書記録になってしまった(´・ω・)
おそらく後日修正・訂正をするかと思います。

また、とても面白く、興味深い本だったので複数回読み直すと思いますので、
今後加筆する可能性も高いです。

今回は見切り発車な感じになりますがここまでということで。



関連するエントリ

タグ: , , , , , ,
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Trackback URL

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン